海外の魅力あるショートアニメーションを中心に、気になるアート動画を紹介しているアラフィフ♀ブログです
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:空夢
  


   詳細

  

ランキング&おきてがみ

   ランキング参加中です。
  クリックいただけると嬉しいですミ☆


    にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
    

    
  

   足跡残せますミ☆

       

月別アーカイブ

   

    
            
  •     2017/03 (1)     
  •         
  •     2016/02 (1)     
  •         
  •     2016/01 (1)     
  •         
  •     2015/08 (1)     
  •         
  •     2015/07 (1)     
  •         
  •     2015/04 (1)     
  •         
  •     2015/03 (1)     
  •         
  •     2015/02 (1)     
  •         
  •     2015/01 (1)     
  •         
  •     2014/12 (2)     
  •         
  •     2014/11 (3)     
  •         
  •     2014/10 (2)     
  •         
  •     2014/09 (4)     
  •         
  •     2014/08 (1)     
  •         
  •     2014/05 (2)     
  •         
  •     2014/04 (5)     
  •         
  •     2014/03 (11)     
  •         
  •     2014/02 (11)     
  •         
  •     2014/01 (10)     
  •         
  •     2013/12 (15)     
  •         
  •     2013/05 (5)     
  •         
  •     2013/04 (14)     
  •         
  •     2013/03 (18)     
  •         
  •     2013/02 (19)     
  •         
  •     2013/01 (11)     
  •         
  •     2012/12 (2)     
  •         
  •     2012/10 (1)     
  •         
  •     2012/05 (1)     
  •         
  •     2012/04 (3)     
  •         
  •     2012/03 (19)     
  •         
  •     2012/02 (21)     
  •         
  •     2012/01 (22)     
  •         
  •     2011/12 (6)     
  •         
  •     2011/11 (11)     
  •         
  •     2011/10 (16)     
  •         
  •     2011/09 (17)     
  •         
  •     2011/08 (24)     
  •         
  •     2011/07 (17)     
  •         
  •     2011/06 (25)     
  •         
  •     2011/05 (23)     
  •         
  •     2011/04 (25)     
  •         
  •     2011/03 (25)     
  •         
  •     2011/02 (28)     
  •         
  •     2011/01 (24)     
  •         


 f

ピックアップ * 過去作品

旧ブログ作品


Pianografo 

 Eyegasm 

Twitter

検索フォーム


   *たとえば・・・

   「光」と検索すれば「光」に関係した作品が
   「楽しい」と検索すれば「楽しい」に関係した
   作品が表示されます。
     

Topへ戻る

2017.03.16/ 17:07(Thu)



                    by Chel White


ストーリー

男は美しいサーカスの曲芸師との愛と挫折の“過ぎし集積の日々”を想います。


感想・印象

虚無的・悲観的・退廃的なイメージを持つフィルム・ノワール(裏社会・犯罪映画)を連想させる映像の雰囲気
たとえば、①回想シーンを活用②夜のシーンが多い③路地のネオンライト④暗めの色彩効果・・・などが
特殊なショービジネスの世界で生きる美しい女性に情熱を燃やした男の愛と孤独を、巧みに哀れで悲しく描きます。

わずか4分の間に表情の見えないデッサン人形で、こんなにカッコよくしみじみと描く事が出来るんですね。
どのシーンもとても楽しめる作品です。
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: short animation
2016.02.26/ 20:39(Fri)


          by Nicolai Troshinsky


感想・印象

タイトルの「Samare」からも知れるように
この作品は風に乗って飛散する翼果のように、風に運ばれるもの・・・を
とてもロマンチックに描いた作品です。

私達が目に見えない風を、
草木の揺れ、雲の流れなどから視覚的にとらえているように
この作品は、風がもたらす多々な幸福感を
二人の吹く息によって、とても楽しく爽やかに映像表現しています。

風により飛散して根ずく幸運なタネはほんのわずかだそうです。
この作品も風と種が鍵になっているという事は、
出会うべき二人が出会い愛を育む確率は・・・という含みもあるのでしょうね。

二人はこの風のやりとりに夢中になり
互いに心を通わせていきます。

最後に一つのろうそくの火を二人で吹き消すのですが、
これは愛の始まりを象徴するような光景ですね。
暗転する事によって完結感が大きいのですが、
さらに始まりも直感 させる面白いエンディングです。

そういえば、「風の谷のナウシカ」や「風立ちぬ」など宮崎駿さんの作品にも
「風」を物語の鍵にした作品がありますね。
きっと、宮崎さんも“いつかの風”に心を揺すられたのでしょう。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: short animation
2016.01.11/ 22:53(Mon)




      by Albert 't Hooft & Paco Vink



ストーリー

ストリートミュージシャン、フロイドは街(通り)のみんなに愛され
ハッピーで夢多き生活を送っています。
そんな絶好調の彼でしたが、ある日、求婚するために尋ねた彼女に別の男性がいる事を知って深く落ち込み
思い悩んだあげく、彼はトランペットを捨て、定職に付く事を決断します。
が・・・。





感想&印象

失恋をきっかけに、自分の生き方を正そうとする若者が
自分の望む道からどんどん逸れていき心を病んでいくという重々しく物悲しい物語を
滑稽な描写とシンプルながらインパクトあるアニメーションで流れ良く描いた
とても楽しい作品です。

何もかも失ってしまったと思える“大失恋”の時こそ
本気で人生を見つめ直すチャンスという復活劇。
フロイトにとっても、価値ある失恋、価値ある回り道になったと思いたいですね。

青い空がとても心地よく感じる展開が印象的です。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: short animation
2015.08.20/ 18:16(Thu)




   by Ondrej Rudavsky


 感想&印象

 もしかしたらあるかも知ない向こう側の世界。

 この善と悪が織り成す世界を巡る旅は
 私達の世界の “ 目に見えない現実や真実 ” を示し導く旅のようでもあります。

 
 Ondrej Rudavskyの独特な美の世界は、観る者の心にめり込んでくるような
 凄みがあります。












 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: short animation
2015.07.08/ 10:31(Wed)




   by Andreas Thomsen




ストーリー

それは、父親と幼い娘のちょっとした楽しい空のお散歩のはずだったのに・・・。

父親の操縦する飛行機は偶発的な墜落事故を起こし
二人は生死の境をさまよいます。
そしてその時、父親の見た世界とは・・・。






感想・印象

墜落後に切り替わった、
父娘が生きた、命を持つものたちが築いた美しい自然や心温かな世界観と
ロボットに制御された無機質な世界観との
あまりのギャップに背筋が寒くなります。

セリフは一言もありませんが
父娘の哀しい会話が聞こえて来る
とても深い愛と命の尊さを感じる作品です。



(2012年にUPした作品/記事を書き直して再UPしました。) 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: short animation
 
 
Copyright © 2017 Altro lato, all rights reserved.