海外の魅力あるショートアニメーションを中心に、気になるアート動画を紹介しているアラフィフ♀ブログです
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:空夢
  


   詳細

  

ランキング&おきてがみ

   ランキング参加中です。
  クリックいただけると嬉しいですミ☆


    にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
    

    
  

   足跡残せますミ☆

       

月別アーカイブ

   

    
            
  •     2017/03 (2)     
  •         
  •     2016/02 (1)     
  •         
  •     2016/01 (1)     
  •         
  •     2015/08 (1)     
  •         
  •     2015/07 (1)     
  •         
  •     2015/04 (1)     
  •         
  •     2015/03 (1)     
  •         
  •     2015/02 (1)     
  •         
  •     2015/01 (1)     
  •         
  •     2014/12 (2)     
  •         
  •     2014/11 (3)     
  •         
  •     2014/10 (2)     
  •         
  •     2014/09 (4)     
  •         
  •     2014/08 (1)     
  •         
  •     2014/05 (2)     
  •         
  •     2014/04 (5)     
  •         
  •     2014/03 (11)     
  •         
  •     2014/02 (11)     
  •         
  •     2014/01 (10)     
  •         
  •     2013/12 (15)     
  •         
  •     2013/05 (5)     
  •         
  •     2013/04 (14)     
  •         
  •     2013/03 (18)     
  •         
  •     2013/02 (19)     
  •         
  •     2013/01 (11)     
  •         
  •     2012/12 (2)     
  •         
  •     2012/10 (1)     
  •         
  •     2012/05 (1)     
  •         
  •     2012/04 (3)     
  •         
  •     2012/03 (19)     
  •         
  •     2012/02 (21)     
  •         
  •     2012/01 (22)     
  •         
  •     2011/12 (6)     
  •         
  •     2011/11 (11)     
  •         
  •     2011/10 (16)     
  •         
  •     2011/09 (17)     
  •         
  •     2011/08 (24)     
  •         
  •     2011/07 (17)     
  •         
  •     2011/06 (25)     
  •         
  •     2011/05 (23)     
  •         
  •     2011/04 (25)     
  •         
  •     2011/03 (25)     
  •         
  •     2011/02 (28)     
  •         
  •     2011/01 (24)     
  •         


 f

ピックアップ * 過去作品

旧ブログ作品


Pianografo 

 Eyegasm 

Twitter

検索フォーム


   *たとえば・・・

   「光」と検索すれば「光」に関係した作品が
   「楽しい」と検索すれば「楽しい」に関係した
   作品が表示されます。
     

Topへ戻る

2011.02.28/ 10:10(Mon)

  



   by Valentin Olshvang

   Russian 2003





   * 魔王に恋をしてしまった少女が
    その思いを胸に秘めたまま成長し
    とうとう村の若者との婚姻の日に
    魔王の元へ去って行きます。

    やがて母となり
    残された母の悲しみに気づいた彼女は
    子供達を残し、母に会いに帰るのですが・・・。





   





   親は、自分の経験や考えを
   子供達に教えます。
   そうする事が正しくて
   子供達を幸せにする事だと
   信じているからです。

   でも、それがこのお話の様な
   親子の感情のすれ違いや
   悲劇を生む事もあります。

   少女は、自分の考えや気持のままに
   魔王の元へ嫁ぎ、幸せになりました。
   彼女の判断は正しかったのです。



   私達大人は、大人達の考えでは無く
   子供達が子供達自身の考えで
   子供達の気持のままに
   生きて行ける力を身につけられる様に支え励ます事
   それが、勤めなのかも知れません。

   - - - なんて言っても
   簡単な事ではないですけどね。。。。。




   


   とても好きな作品です。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: short animation
2011.02.27/ 13:51(Sun)
  

  




   by Nash Edgerton
  



   * 空気が読めないというか
    状況が分っていないというか
    彼女の気の惹き方を
    間違ってしまった
    困った彼氏です。


    自分が好きなものは相手も好きで
    自分が楽しい事は
    きっと相手も楽しいんだろう・・と
    簡単に考えてしまった彼。

    私も時々はっと気がついて
    反省する事がありますけど・・・。

    でも、これは
    とんでもなく大事(おおごと)になってしまいましたね。




   




   余談ですが、ウチの親戚のおばさんも
   以前このクモのおもちゃに驚き
   救急車で運ばれた事があります。

   クモのおもちゃで人を驚かそうと考えるなら
   よほどの覚悟をしてからに・・・ですよね。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: 気になる動画
2011.02.26/ 14:37(Sat)

  




   by Michelle Lehman

   Tropfest 2008 Winner

    - Tropfestは、世界最大の短編映画祭で
     オーストラリアの最も象徴的な文化的イベントの1つとみなされている -




   * 小さな女の子と男の子の
    チャーミングなラブストーリーです。


    こういうのって自分にも覚えがあるし
    時々周りでも見かけたりします。

    このぐらいの女の子と男の子では
    異性に対する気持に
    たっぷり温度差があるんですよね。(笑




   




    折角の綺麗なピンク色の自転車を
    真っ黒けにして頑張ったのに
    ジェイソン君は
    彼女にちっとも興味も示してくれないしね・・・。

    二人とも可愛くて参っちゃいます。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: 気になる動画
2011.02.26/ 00:33(Sat)
  

  




  
   

   
  * 23才の時の作品


   烏田さんの面白いところは
   国立音楽大学作曲科を卒業し
   多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン領域入学。
   そしてこの作品に
   至ったというところ。

   絵と音楽が全く対等な
   楽しいアニメーションを
   目指しているそうです。




   




   作曲とアニメーションの
   両方を自らやってのける方って
   珍しいんじゃないでしょうか。

  
   若さいっぱいで
   彼女のセンスが
   あちらこちらにキラリと光る
   とても気合が入った作品だと思います。

   若いっていいなぁ・・・。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: short animation
2011.02.24/ 12:59(Thu)

  

  



   by Julie London


   julie.jpg



   * この曲は沢山のアーティストがカバーしていますが
    “Julie London”版が一番好き。



    ず~っと失恋の歌だと思っていましたが
    “これは、作者が親しい人と死別した時の
    気持ちを書いたもの”
    という記事も最近見ました。



   - 歌詞和訳 -



   どうして太陽は輝きつづけるの?
   どうして海は岸へと押し寄せるの?
   彼らは知らないの、それは世界の終わりということ。
   だって、あなたはもう私を愛していないのだから。


   どうして鳥たちは歌いつづけるの?
   どうして星たちは光をはなつの?
   彼らは知らないの、それは世界の終わりということ。
   私があなたの愛をうしなった時世界は終わったの。


   私は朝目覚めて、不思議に思うの。
   どうしてすべては昔と変わらずに同じなのかしらと。
   私には分からない。私には理解できない。
   どうやって毎日を以前のようにすごせばいいのか...


   どうして私の心臓は鼓動をつづけているの?
   どうして私の目から涙がこぼれるの?
   彼らは知らないの、それは世界の終わりということ。
   あなたがさよならを言った時世界は終わったの。


   - - - - - - -
                      


   マンハッタンの夜景もステキです。

   海外音痴の私ですので
   (動画の初めに出てくる美しい橋)   
   「地下鉄High St.駅からブルックリンブリッジへの行き方」
   という動画も見てみました。
    
  



    
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(4)
Category: music
 
 
Copyright © 2011 Altro lato, all rights reserved.