海外の魅力あるショートアニメーションを中心に、気になるアート動画を紹介しているアラフィフ♀ブログです
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:空夢
  


   詳細

  

ランキング&おきてがみ

   ランキング参加中です。
  クリックいただけると嬉しいですミ☆


    にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
    

    
  

   足跡残せますミ☆

       

月別アーカイブ

   

    
            
  •     2017/03 (1)     
  •         
  •     2016/02 (1)     
  •         
  •     2016/01 (1)     
  •         
  •     2015/08 (1)     
  •         
  •     2015/07 (1)     
  •         
  •     2015/04 (1)     
  •         
  •     2015/03 (1)     
  •         
  •     2015/02 (1)     
  •         
  •     2015/01 (1)     
  •         
  •     2014/12 (2)     
  •         
  •     2014/11 (3)     
  •         
  •     2014/10 (2)     
  •         
  •     2014/09 (4)     
  •         
  •     2014/08 (1)     
  •         
  •     2014/05 (2)     
  •         
  •     2014/04 (5)     
  •         
  •     2014/03 (11)     
  •         
  •     2014/02 (11)     
  •         
  •     2014/01 (10)     
  •         
  •     2013/12 (15)     
  •         
  •     2013/05 (5)     
  •         
  •     2013/04 (14)     
  •         
  •     2013/03 (18)     
  •         
  •     2013/02 (19)     
  •         
  •     2013/01 (11)     
  •         
  •     2012/12 (2)     
  •         
  •     2012/10 (1)     
  •         
  •     2012/05 (1)     
  •         
  •     2012/04 (3)     
  •         
  •     2012/03 (19)     
  •         
  •     2012/02 (21)     
  •         
  •     2012/01 (22)     
  •         
  •     2011/12 (6)     
  •         
  •     2011/11 (11)     
  •         
  •     2011/10 (16)     
  •         
  •     2011/09 (17)     
  •         
  •     2011/08 (24)     
  •         
  •     2011/07 (17)     
  •         
  •     2011/06 (25)     
  •         
  •     2011/05 (23)     
  •         
  •     2011/04 (25)     
  •         
  •     2011/03 (25)     
  •         
  •     2011/02 (28)     
  •         
  •     2011/01 (24)     
  •         


 f

ピックアップ * 過去作品

旧ブログ作品


Pianografo 

 Eyegasm 

Twitter

検索フォーム


   *たとえば・・・

   「光」と検索すれば「光」に関係した作品が
   「楽しい」と検索すれば「楽しい」に関係した
   作品が表示されます。
     

Topへ戻る

2011.03.30/ 23:02(Wed)
  




    by  ピーター・ウェーバー(監督)

   イギリス・ルクセンブルク(合作) 2003 


           
 * 第83回アカデミー賞(2011年)
 主演男優賞はコリン・ファース(「英国王のスピーチ」)が受賞しましたね。
 先日、授賞式の様子を見ていて
 彼が以前フェルメールを演じていたのを思い出し
 特に印象深かった少女とのシーンをUPしました。


 この映画は、 画家フェルメールの最も有名な作品のひとつで
 北欧のモナリザと称される傑作『真珠の 耳飾りの少女』が
 どのようにして生まれ、そして
 この絵にはどのような想いが込められているのか・・・を描いたものです。
  (注:この映画の内容はフィクションです)






 




 




 一枚の絵画からイメージが広がって映画が出来ちゃうんですね。
     

 この映画では、フェルメールを演じたコリン・ファースより
 淡く艶かしい少女を演じたスカーレット・ヨハンソンに目が釘付けでした。


   
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(4)
Category: 気になる動画
2011.03.29/ 23:37(Tue)
 カレル・ゼマン(Karel Zeman:1910-1989)
   チェコのアニメーション作家・映画監督



 * この動画からは、現在私達が楽しんでいる映画のルーツを発見したような
  驚きを感じます。




    幻想の魔術師・SFの父といわれるカレル・ゼマンの
    奇抜なアイディアと独創性
    そして、なによりも映像の魅力をお楽しみ下さい。   

    CGに慣れきってしまっている私には
    カレル・ゼマンの作品は
    とても新鮮で温か
    そして、とてもアーティスティックに思います。


PART 1(1947-1980)





PART 2(1947-1980)
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(4)
Category: 気になる動画
2011.03.28/ 15:00(Mon)





   by Leo Bridle 

   イギリス(英) 2009




* その年(2010)の各国の映画祭で高い評価をうけた作品です。


 題名の “Train of Thought ”は直訳すると“考えの列車”となりますが
 この「Train」は“列車”ではなく“続く”という意味なんだそうです。
 列車は主人公の思考の道筋なんですね。
 想いを寄せる女性に向かって、列車は次の駅へと走ります。

 もちろん、線路はどこまでもまっすぐ!





 主人公の男性がちょっとお人好し感が漂っていていいですね。
 色も抑えられていて、ぼんやり夢の中のような感じで好きです。
    
   





 こちらのメーキングもとても楽しいです。
 ストップモーション・アニメなんで
 一コマ一コマ凄く手間がかかっています。    


 


 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(4)
Category: short animation
2011.03.27/ 16:34(Sun)


  




   by Sil van der

   オランダ(蘭) 2004




* トンボと女性の舞踏(デュエット)です。
 Sil van derは映像クリテイターとして音楽ビデオなど多方面で
 活躍しています。






 この動画を見て、以前「コーリング」(ケビン・コスナー主演)という
 映画を見たのを思い出しました。

 この映画は、事故で亡くなった奥さんが夫に何かを知らせたくて
 いろんな形で呼びかけて来るという、悲しくも愛に溢れたお話です。

 その映画では、“トンボ”が重要な役割を果たします。
 トンボは、日本でのイメージとは違って
 アメリカでは、死者の魂であり、不死と再生の象徴なんだそうです。






    



 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(4)
Category: アート動画
2011.03.26/ 23:44(Sat)

  





   by 菅井えり




   * 彼女の事は、海外のサイトで日本のEnyaと紹介されていたのを見て
    知りました。
    (有名な方なんだそうですが・・・)

    多くのCMソングを手がけ、映画では「名探偵コナン世紀末の魔術師」の
    挿入歌“I'll be there”を歌っています。

    でも、私的には、この“今昔物語”のような美しき日本を思い起こさせる
    ような歌の方が、断然彼女には合っていると思うのですが。

    彼女が、海外で和製Enyaと言われているのも
    こういう歌が評価されているからなんでしょうね。

    


    透明感のある綺麗な声ですね。
    今はこういう歌を聴くと、いろいろ考えてしまいますが・・・。


 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: music
 
 
Copyright © 2011 Altro lato, all rights reserved.