海外の魅力あるショートアニメーションを中心に、気になるアート動画を紹介しているアラフィフ♀ブログです
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:空夢
  


   詳細

  

ランキング&おきてがみ

   ランキング参加中です。
  クリックいただけると嬉しいですミ☆


    にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
    

    
  

   足跡残せますミ☆

       

月別アーカイブ

   

    
            
  •     2017/04 (1)     
  •         
  •     2017/03 (2)     
  •         
  •     2016/02 (1)     
  •         
  •     2016/01 (1)     
  •         
  •     2015/08 (1)     
  •         
  •     2015/07 (1)     
  •         
  •     2015/04 (1)     
  •         
  •     2015/03 (1)     
  •         
  •     2015/02 (1)     
  •         
  •     2015/01 (1)     
  •         
  •     2014/12 (2)     
  •         
  •     2014/11 (3)     
  •         
  •     2014/10 (2)     
  •         
  •     2014/09 (4)     
  •         
  •     2014/08 (1)     
  •         
  •     2014/05 (2)     
  •         
  •     2014/04 (5)     
  •         
  •     2014/03 (11)     
  •         
  •     2014/02 (11)     
  •         
  •     2014/01 (10)     
  •         
  •     2013/12 (15)     
  •         
  •     2013/05 (5)     
  •         
  •     2013/04 (14)     
  •         
  •     2013/03 (18)     
  •         
  •     2013/02 (19)     
  •         
  •     2013/01 (11)     
  •         
  •     2012/12 (2)     
  •         
  •     2012/10 (1)     
  •         
  •     2012/05 (1)     
  •         
  •     2012/04 (3)     
  •         
  •     2012/03 (19)     
  •         
  •     2012/02 (21)     
  •         
  •     2012/01 (22)     
  •         
  •     2011/12 (6)     
  •         
  •     2011/11 (11)     
  •         
  •     2011/10 (16)     
  •         
  •     2011/09 (17)     
  •         
  •     2011/08 (24)     
  •         
  •     2011/07 (17)     
  •         
  •     2011/06 (25)     
  •         
  •     2011/05 (23)     
  •         
  •     2011/04 (25)     
  •         
  •     2011/03 (25)     
  •         
  •     2011/02 (28)     
  •         
  •     2011/01 (24)     
  •         


 f

ピックアップ * 過去作品

旧ブログ作品


Pianografo 

 Eyegasm 

Twitter

検索フォーム


   *たとえば・・・

   「光」と検索すれば「光」に関係した作品が
   「楽しい」と検索すれば「楽しい」に関係した
   作品が表示されます。
     

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2011.09.30/ 21:28(Fri)

  




   by Peter Sohn( Pixar film)


   ストーリー

   毎日コウノトリは、世界中で人間や動物達に赤ちゃんをお届けしています。
   その可愛い赤ちゃん達を誕生させるのは空の雲達。

   空の彼方では、毎日コウノトリと雲達がキュートで可愛い赤ちゃん達に
   でれでれです。

   でも、あるコウノトリのちょっと孤独で不安そうな灰色のパートナーは
   危険な赤ちゃんを作る担当雲。
   どうやっても他の雲が作るような可愛い赤ちゃんは作れません。

   そういう訳で、パートナーのコウノトリの羽は、いつもボロボロでお気の毒。

   ある日、とうとう「もうこれ以上は無理だ!」と限界を感じた
   コウノトリは・・・。





   





   心配そうな灰色雲と苦労を訴えずに笑ってみせるコウノトリ。
   双方のやりとりはとても楽しくて笑えますが、反面、
   「どうなるんだろう・・・。」と少し不安も感じながら見入って
   しまいます。

   コウノトリの頑張りには心を打たれますね。
   それに、コウノトリを気遣ったり抱きしめたりする灰色雲も
   とても好きです。

   最後の展開にもハラハラさせられますが、素敵なコウノトリに
   またしてもニッコリ。。。

   とても好きな作品です。



 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(6)
Category: short animation
2011.09.29/ 00:25(Thu)
 
   この作品 「Historia Polski」(ポーランドの歴史) は、2010年に
   開催された上海万博のポーランド館(3Dシアター)にて上映されたものです。

   とても美しいスペクタクル史劇です。
   

   ポーランドの歴史は、様々な国に干渉され侵略や分割を繰り返された
   悲運の歴史です。
   こうしてポーランドの歴史を見ると、小さな日本が独立を奪われなかった
   事が奇跡のように思えてきます。

   エンディングがいい感じです。^^





   by Tomasz Bagiński


   所々ですが、印象的なシーンをピックアップしてみました。  
    (上手くまとめられなかったので読みづらいと思いますが、
     よろしければどうぞ・・・^^;)



 

1po.jpg
ゲルマン民族の移動後、ポーランドにはスラヴ人が
住みついた。


2po.jpg
966年、神聖ローマ皇帝オットー1世は、ポラン族の首長
ミェシュコ1世に公の称号を与えた。
ポラン族のミェシュコ1世がスラヴ人部族を統一し、
キリスト教を採用してピャスト朝を立ち上げた。


3po.jpg
ミェシュコの後を継いだボレスワフ1世は、北は
バルト海、西は、ウクライナにまで領土を広げた。
1025年、ローマ教皇からポーランド王に戴冠され、
「ポーランド王国」が誕生した。
その後分裂と侵攻の時代に入る (1138年 - 1295年)


4po.jpg
1226年、コンラト1世は異教徒の先住プロイセン人の
土地を平定(キリスト教化)する目的でドイツ
騎士団を招聘(しょうへい)した。
1241年のモンゴル侵攻で荒廃した地域一体に
ドイツ人の移住が集中して行われた。

騎士団を呼び寄せたことは後世に災いを起こすことになった。


再統合
14世紀になると国家の再統合への機運が高まり
1320年に即位したヴワディスワフ1世が
ポーランドを再統一した。


5po.jpg
ヴワディスワフ1世の子、カジミェシュ3世は、リトアニア、
ウクライナなどを支配下に収め、西ヨーロッパで
迫害されていたユダヤ人を保護し、移民も奨励した。
1364年、カジミェシュ3世によりクラクフ大学が創建された。
カジミェシュ3世は、"土と木のポーランドをレンガのポーランドに変
えた"と評される、ポーランドにおける唯一の「大王」の称号を受け
た国王であったが、大王没後ピャスト朝の血筋は途絶え、1370年から
1382年までの12年間、ハンガリー王ラヨシュ1世がポーランド王を
兼ねた。


リトアニア1
1386年、リトアニア大公ヤゲウォは、ドイツ騎士団や東方の
モンゴルに負けない強力な国家を建設するため、カトリックに
改宗して、ポーランド女王ヤドヴィーガと結婚(1386)、ポーラ
ンド国王となった。ヤゲウォは、リトアニアではヤゲウォ大公
として、ポーランド国王ではヴワディスワフ2世として統治し
国名を「リトアニア=ポーランド王国」と定めた。


リトアニア
1410年、ポーランドとリトアニアの連合軍(協同体制)は、ポーラン
ド・リトアニア・テュートン戦争の最大の決戦だったグルンヴァルトの
戦いでドイツ騎士団を壊滅させ、この無法者の十字軍との長い
戦いにおいて、ついに優位を奪い取った。ポーランドとリトアニアの
両国は1569年にルブリン合同に調印し、政治的統一体「ポーランド・
リトアニア共和国」(1569年 - 1795年)を成立させた。


7po.jpg
1543年にはクラクフ大学の最も著名な卒業生であるニコラウス・
コペルニクス(ミコワイ・コペルニク)が、天文学の常識を
覆す地動説を発表した。


1683.jpg
1683年、神聖ローマ皇帝レオポルト1世の求めに応じて、ウィーン
包囲を行っていたトルコ軍を粉砕したヤン3世は、全ヨーロッパに
勇名を高めた。この戦いでポーランドは名声を高めたが、ヤン3世
没後は国内は分裂し暗黒時代に入った。


8po.jpg
18世紀になると、周辺諸国が干渉を強めた。1772年、ロシア、
プロイセン、オーストリアが第1次ポーランド分割を行い、国土の
約4分の1が失われた。
続いて1793年にはロシアとプロイセンが第2次ポーランド分割を
行い、1795年の第3次分割でポーランドは地図から消えた。


1806.jpg
ポーランドの王位継承権を持つポニャトフスキは、ナポレオン戦
争にフランス軍の将軍として参加、1807年にポーランドは
「ワルシャワ公国」として再び独立した。(つかの間の再興)
ナポレオンが失脚すると、1815年のウィーン会議によって、ポーラ
ンドはロシア皇帝を元首とする「ポーランド立憲王国(会議王国)」
となった。


1863.jpg
1830年、ロシア帝国からの独立および旧ポーランド・リトアニア
共和国の復活を目指して「十一月蜂起」が起こったが、翌年
鎮圧された。
1856年にロシア帝国がクリミア戦争に敗れて国力が弱体化すると
これを機にポーランド・リトアニア連合王国の復活を目指す
人々が結集し、1863年、旧ポーランド王国領と、旧リトアニア
大公国領で同時に「一月蜂起」を起こしたが、これもロシア帝国に
よって鎮圧された。数百人のポーランド貴族が絞首刑にされ、
十数万人がシベリアのイルクーツクなどに流刑となった。


10po.jpg
1831年 、この曲『革命のエチュード』は、フレデリック・ショパンが
ワルシャワ蜂起(十一月蜂起)失敗の報に接し作曲したと言われている。
(左のシーンに流れている曲です)


1918.jpg>第一次世界大戦でドイツが敗れドイツで収容されていたユゼフ・
ピウスツキが帰国し、1918年「ポーランド共和国」が成立(復活)する。


ポーランド ソビエト戦争
1920年、分割前(1772年8月5日以前)の領土を回復し1791
年以後のポーランド国家の版図を復活させるため、ロシア内戦の
混乱に乗じてソ連に侵攻した。
翌年にリガ条約で停戦。この結果、現在のウクライナおよびベラ
ルーシの西部を獲得した。


12po.jpg
1939年9月、アドルフ・ヒトラー率いるナチスドイツはポーランドに
侵攻し、第2次世界大戦が勃発した。またドイツと密約を結んだ
ソ連が東部を占領し、ポーランドは再び地図から消えた。


13po.jpg
終戦間近の1944年8、ソ連軍の呼びかけでワルシャワ市民が蜂起
した。
しかし、ソ連軍は進軍せず、その後、ドイツ軍による懲罰的攻撃
によりワルシャワは徹底した破壊にさらされ、蜂起参加者はテロ
リストとされ、レジスタンス・市民約22万人が戦死・処刑で死亡
したと言われる。


共産主義
1948年、ソ連の後援で共産党系のポーランド労働者党とポーランド
社会党左派が合同し、ポーランド統一労働者党をつくって、
人民民主主義を称する事実上の一党独裁政体へ移行した。
農業の集団化など、ソ連型の経済政策が次々に導入され、1952年
には社会主義憲法を制定して国名を「ポーランド人民共和国」に
改めた。
1945年から1989年まで、第二次世界大戦の終結から民主共和政体
への移行までの44年間は、ポーランド統一労働者党が寡頭政治を敷く
「ポーランド人民共和国」(1952年~1989年)、即ち共産党時代で
あった。


民主化
1980年、労働組合から公然たる反共運動へと発展した組織である
レフ・ワレサ率いる独立自主管理労働組合「連帯」が結成。
「連帯」は、ポーランドにおける民主化運動において、主導的な
役割を担った。


14po.jpg
1989年、円卓会議は日増しに高まる民主化への要求や相次ぐ
ストライキ、社会主義経済運営の行き詰まりを受け、政府と
反体制勢力による対話の場として国内の安定化を図ることを
目的に設けられ、「連帯」幹部やカトリック教会関係者、政府
幹部が一堂に会して2ヶ月にわたり行われた。

結果として、政治権力は実質的に共産党から新たに創設された
二院制議会ならびに大統領職へと移行し民主化が実現した。
同1989年に憲法が改正され、国名が「ポーランド共和国」に
変更された。
1990年、国民の直接選挙によって選ばれた初めての大統領選挙で
「連帯」のワレサが当選。
1999年にはNATOに、2004年にはEUに加盟した。
                                   
   - Wikipediaなどより -
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: short animation
2011.09.26/ 15:42(Mon)
   

   
   * 映像は0:30あたりから現れます


   by Jerome Dernoncourt / Samuel Deroubaix / Corentin Laplatte

   2006



   このアニメーションは、往年の名作・西部劇(駅馬車(1939)・ 
   アパッチ砦 (1948)・リオ・グランデの砦(1950)・真昼の決闘
   (1952))と二人の3Dキャラをコラボさせたちょっと珍しい作品
   です。

   全く違う世界のキャラ達なのに、無理やり一緒にしたら結構
   馴染んでしまっているところが笑えます。
   (それとも、私達が昨今、いろんな作品を経験しているので、
   かなり柔らか頭になっているんでしょうか・・?)

   このディレクターとアクションスターらしきキャラクターは
   どんどんより刺激的で迫力あるシーンを求めてエキサイトして
   いくようですね。

   CGではない生身のアクションシーン大好きです。
   どんなに凝ったCGも、生身のボディアクションにはかなわない
   ですよね。
   映画作りに熱くなる二人の見果てぬ夢への挑戦が、バカっぽく
   もあり、かっこよくもあり。^^;

   最後は、やっぱりおきまりのあの1154340nxxm5zndkd.gifシーンでTHE ENDでした。




   



    こういう良く出来たコラボ映像って他にもあるのかなぁ・・・。
    他のも見てみたくなりました。^^



 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: short animation
2011.09.25/ 07:50(Sun)


  

Palimpsest from Pia Borg on Vimeo.





   by Pia Borg
   



   人に歴史あり、建物にも歴史あり・・です。

   これはある建物の300年もの記憶を描いたものです。



   時間の経過を表現するのに、風景や街の様子の変化を
   写真やタイムラプス撮影を使って表現しているものはいくつか
   見た覚えはありますが、一戸の建物の中の様子で表現している
   パターンは初めて見ました。



   まず、建物のきしむ音(呼吸を連想させる)から始まり
   まるで建物が生きているような印象付けがあるところが
   興味深いです。   

   建物の中の閉鎖的な空間では、ストップモーションと
   タイムラプス撮影を組み合わせて用い、幽霊のような
   人達を登場させ、効果的な音と破壊的な映像を取り入れて
   とても怪しげな異世界観を創り出すのに成功しています。

   そのような演出効果からでしょうか、映像からは、現実の
   残像というより、建物の心象風景(現実ではなく心の中に
   思い描いたり、浮かんだり、刻み込まれている風景)と
   いったイメージを受けます。


   最後に出て来る白い紐状の物質は、エクトプラズム( 心霊
   科学で、霊媒の身体から発出すると仮想される物質)で
   しょうか。。。
   時間の経過だけではなく、ちょっと超常現象的な要素も感
   じる作品ですね。




   




   * タイトルのPalimpsest(パリンプセスト): 書いたものを消して別の
     ものを書けるようにした古代の羊皮紙

   * タイムラプス撮影 : 一定時間の間隔を開けて撮影した静止画を連続
     させて動画のように見せることを「タイムラプス」と呼ぶ



     下の映像は、カメラを三脚に固定してタイマーを使って5分毎に撮影
     したものです。
     およそ20時間の経過が40秒の動画に収められています。

     


 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: アート動画
2011.09.24/ 00:29(Sat)
   



   by Alexandre BERNARD

   フランス 2007



   ストーリー

   どんよりと重たい空の下、砂漠地帯を小さな車輪船(MARIN)が走って
   来ます。
   乗船しているのは、一人の男と一匹の魚。

   地上では異常気象が干ばつや豪雨をもたらし、自然で健全な水循環を
   維持する事が出来なくなっています。

   男は誰かが残した何枚かの絵(写真)と地図とを頼りに水を求めて
   海を目指すのですが・・・。



   
     - Wikipediaより -


   





   過酷な状況の中でも、誰かの為、何かの為に責任を自覚していると
   生きる事から降りるわけにはいきませんね。
   その責任感が人を強くしてくれます。

   きっとこの男も、空腹と乾き、そして疲労や失意に見舞われながら
   一匹の魚に愛情と責任を感じ、それを生きる糧として試練を乗り越え
   て来たのでしょう。
   

   自然の猛威と闘いながら、たぶん度重なる偶然にも翻弄されながら
   男はまた命を得ました。

   「祝福させたまえ、その運命を。悟りたまえ、その意味を。。。」
   結末のシーンから受けた印象は、劇的に表現するとこういう感じで
   しょうか。
    (なんだかそんな声が聞こえてきそうなので・・・)



   ところで、私達の日常でもスケールこそ違いますが、この偶然の神秘
   によって、ちょっとした幸せを掴む事が出来たりします。
   偶然って不思議ですね。

   「偶然のからくり」を知りたくもあり、知りたくもなし。。。




   アラル海消失の教訓 - 詳しくはこちらのサイトで * ↓ *
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0807/200807_096.html


   


 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: short animation
 
 
Copyright © 2011 動画ブログ Altro lato, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。