海外の魅力あるショートアニメーションを中心に、気になるアート動画を紹介しているアラフィフ♀ブログです
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:空夢
  


   詳細

  

ランキング&おきてがみ

   ランキング参加中です。
  クリックいただけると嬉しいですミ☆


    にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
    

    
  

   足跡残せますミ☆

       

月別アーカイブ

   

    
            
  •     2017/04 (1)     
  •         
  •     2017/03 (2)     
  •         
  •     2016/02 (1)     
  •         
  •     2016/01 (1)     
  •         
  •     2015/08 (1)     
  •         
  •     2015/07 (1)     
  •         
  •     2015/04 (1)     
  •         
  •     2015/03 (1)     
  •         
  •     2015/02 (1)     
  •         
  •     2015/01 (1)     
  •         
  •     2014/12 (2)     
  •         
  •     2014/11 (3)     
  •         
  •     2014/10 (2)     
  •         
  •     2014/09 (4)     
  •         
  •     2014/08 (1)     
  •         
  •     2014/05 (2)     
  •         
  •     2014/04 (5)     
  •         
  •     2014/03 (11)     
  •         
  •     2014/02 (11)     
  •         
  •     2014/01 (10)     
  •         
  •     2013/12 (15)     
  •         
  •     2013/05 (5)     
  •         
  •     2013/04 (14)     
  •         
  •     2013/03 (18)     
  •         
  •     2013/02 (19)     
  •         
  •     2013/01 (11)     
  •         
  •     2012/12 (2)     
  •         
  •     2012/10 (1)     
  •         
  •     2012/05 (1)     
  •         
  •     2012/04 (3)     
  •         
  •     2012/03 (19)     
  •         
  •     2012/02 (21)     
  •         
  •     2012/01 (22)     
  •         
  •     2011/12 (6)     
  •         
  •     2011/11 (11)     
  •         
  •     2011/10 (16)     
  •         
  •     2011/09 (17)     
  •         
  •     2011/08 (24)     
  •         
  •     2011/07 (17)     
  •         
  •     2011/06 (25)     
  •         
  •     2011/05 (23)     
  •         
  •     2011/04 (25)     
  •         
  •     2011/03 (25)     
  •         
  •     2011/02 (28)     
  •         
  •     2011/01 (24)     
  •         


 f

ピックアップ * 過去作品

旧ブログ作品


Pianografo 

 Eyegasm 

Twitter

検索フォーム


   *たとえば・・・

   「光」と検索すれば「光」に関係した作品が
   「楽しい」と検索すれば「楽しい」に関係した
   作品が表示されます。
     

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2011.08.02/ 14:19(Tue)

  )




   Jean-François Lévesque(ジャン・フランソワレヴェック)

    2008



   人形・手描きアニメーション・2D・3Dと、様々な技法を混合させた作品です。





   ストーリー

   孤独な男は、背の高いオフィスビルに勤務しています。
   単調な生活の中、唯一喜びを感じる瞬間は
   毎年母親から贈られる、誕生日プレゼントとカードを開ける時。
   といっても、毎年プレゼントは、ネクタイと決まっているのですけど。

   ところが25歳のその日、何故だか母親は
   ネクタイとアコーディオンを贈って来ました。
   しかし、仕事に追われる彼は
   せっかくのアコーディオンをクローゼットにしまい
   すっかり忘れてしまいます。

   彼の職場は誕生日ごとに階数が上がり
   もうすぐ40歳(職場が40階)になろうかという日
   彼は、毎日自分が処理する論文に何が起こるかを知って、愕然とします。

   打ちのめされた彼に、母親から40歳の誕生日プレゼントが届き
   彼は15年ぶりに、クローゼットのアコーディオンを手に取ります。

   仕事に納得の行かない彼は、上司に詰め寄りますが
   改善はされません。

   ふと彼は、最上階がどのようになっているのか知りたくなります。
   彼はそこで恐ろしい光景を見るのですが
   会社には逆らえません。

   そしてまた1年・・・。
   母親からプレゼントが届きます。
   そして、やっと、彼は自分のための生活を取り戻すのでした。




   
   




    この作品は一見、
    仕事人間や大会社を、批判しているように見えるのですが
    良~く見ると、そういう事を言いたい作品ではないように思います。

    人生の大先輩でもある母親からの
    生きるヒントのようなメッセージ付きの
    誕生日カード。
    ちょっとお節介でもあり
    ありがたくもある、この誕生日プレゼントこそが
    この作品のポイントではないでしょうか。

    「自分のための時間や生活は、与えられるものではなく
    自分で作って行くものなんだよ。」と
    この母親は、伝えたかったんだと思います。

    アコーディオンを15年間もクローゼットに入れっぱなしの彼は
    そういう努力をしなかったわけです。

    それに気づかず
    そのまま、流されるままに年老いたとしたら
    後の人生は、作品中の怖い映像のように
    とてもやるせないものになっていたかも知れません。

    


 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(6)
Category: short animation
 
Comment
 

おはようございます♪

なんだか考えさせられるお話でした
間もなく定年を迎える夫がダブり
チョット切なくなりましたけど

時々、人は何のために生きるのだろう?と
考え込むときがあります
どうせ死んじゃうのに…って
(更年期の余波で まだ後ろ向きの思考が時々…)

虫だって鳥だってカエルだって
みんな必死で生きてるのが 不思議だなぁ…と

でもそれが地球という星なんですよね

壮大な宇宙の中の小さな身の回り
些細なことにも喜びを見つけて
暮らしていきたいと思います

「Oliver」には泣いてしまいました
「天の控訴」には笑ってしまいました
いつも楽しい素敵な動画を楽しみにしています

NAME:Sally | 2011.08.03(水) 08:19 | URL | [Edit]

 

さすがだなあ

いろいろな意味で感動しました。
ネクタイはサラリーマンの象徴であると言う意味を超えて、人間があまり深く考えずに人生を生きている今を表しているように見えます。母親は母親らしいおせっかいさで日々自分の感情を見つめて心豊かに生きる術を持つように伝えたかったのですね。空夢さんの解説で益々内容が理解できました。いつもありがとうございます。

NAME:ギャラリーオーナー | 2011.08.03(水) 11:41 | URL | [Edit]

 

Re: ギャラリーオーナーさん * こんにちは *

この作品にはいろんなメッセージが感じられて
観る人によって、受け取り方に違いが出てくるかも知れません。

今の社会には道理に合わない事が多すぎて
まともに考えていると、くたびれてしまいます。
気が付けばあまり深く考えないように
私も、進化?退化?していました。^^;

子供が小さい頃は、ああしなさい、こうしなさい、と
身の回りの事までうるさく口を出すのが
親の務めだと思い、言いたくない事まで言ったりしていましたが
子供も大人になってしまうと
口を出してはいけないと、思いとどまってしまいます。

でも、実際は大人になってからの方が
いっぱい伝えなければならない大事な事があったりしますよね。

この母親も、40歳になって一人でいる息子に
言いたい事がいっぱいあったんだと思います。

このアニメーションの作者は、男性なんですが
こういう母親の気持ちを、こんな形で表現出来るなんて
凄い!とブラボ-!だと、拍手を贈りたいです。

- - -

いえいえ、こちらこそ、いつもありがとうございます。^^

NAME:空夢 | 2011.08.03(水) 15:41 | URL | [Edit]

 

Re: Sallyさん * こんにちは *

ご主人は、もうすぐ定年を迎えられるんですね。
バリバリ働いて来た方が
ぴたっと、お仕事をお辞めになると
やっぱり、戸惑いなどを強く感じたりされるのでしょうか。
「さあ~終わった!今日から自分のために生きるぞ~!」なんて
はしゃいでくれると、可愛くてありがたいのですが・・・。(笑

>時々、人は何のために生きるのだろう?と
 考え込むときがあります
 どうせ死んじゃうのに…って
- - - とても驚きました。
   私はいつもSallyさんは、生(命)を
   思う存分楽しんでおられると思っていたからです。
   いろんな事に挑戦し
   行動する事を惜しまず、充実した毎日を過ごされている
   そんなSallyさんは、私のお手本です。
   「生きる事は楽しい!だから生きるの!」とおっしゃる方が
   Sallyさんらしいと。

でもね・・・そうなんですけどね・・・改めて考えてみますと
あんなに風に過ごされているのに“考え込むとおっしゃるSallyさん”は
もっと素敵かも知れません。

もしかしたらSallyさんは、自分が楽しく過ごす事より
人のために何かをして過ごす事を無意識に望んでいらっしゃるのかな?
そう、少し感じました。   
(かってな事想像してすいません^^;)

「Oliver」は、父の事がなかったら
見過ごしていたかも知れません。
病院で嫌な思いをさんざんして亡くなった
父への様々な思いが
「Oliver」を観るとあふれて来ます。

死は、穏やかで安らかであって欲しいです。
それが、寿命を生きた者へのご褒美であって欲しいです。   
   
>壮大な宇宙の中の小さな身の回り
 些細なことにも喜びを見つけて
 暮らしていきたいと思います
- - - たとえば、例の蝉助けみたいな・・・(笑

追記・一部誤字を訂正したのでRE:の順序が違ってしまいました。
   ごめんなさい。

NAME:空夢 | 2011.08.03(水) 17:59 | URL | [Edit]

 

おじゃまします

こんにちは

う~ん12分で・・・観る人によって浅くも深くもなる作品。

力のある作品ですね。


NAME:YOKO | 2011.08.04(木) 12:26 | URL | [Edit]

 

Re: YOKOさん * こんにちは *

そうなんですよね。

映画でもそうなんですけど
特にこういう短編モノは
共感を得られたり
自分にとって、タイムリーな中身だったりしたら
とっても楽しめますし、深く意味を捕らえたり出来るのですが
そうでないと、なかなか楽しめません。
「ふ~ん、そうなんだ。」で終わってしまいます。

私も、以前興味のなかった作品をもう一度観なおしてみると
「こんなに良い作品だったっけ???」と
驚く事がしばしばあります。

その時の、精神状態や立場・体調・気持ち、などなど
様々な事柄が微妙に作品評価に影響します。

特に、この作品のように、凝った(ややこしい)仕掛け?のある作品は
観る人によって、捉え方が違うかも知れませんね。
そういうところも、短編モノの魅力なんですが・・・。^^

“ひとつの作品に、山のような様々な感想がある”
これって、素敵ですよね・・・。^^

NAME:空夢 | 2011.08.04(木) 13:30 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 動画ブログ Altro lato, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。