海外の魅力あるショートアニメーションを中心に、気になるアート動画を紹介しているアラフィフ♀ブログです
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:空夢
  


   詳細

  

ランキング&おきてがみ

   ランキング参加中です。
  クリックいただけると嬉しいですミ☆


    にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
    

    
  

   足跡残せますミ☆

       

月別アーカイブ

   

    
            
  •     2017/04 (1)     
  •         
  •     2017/03 (2)     
  •         
  •     2016/02 (1)     
  •         
  •     2016/01 (1)     
  •         
  •     2015/08 (1)     
  •         
  •     2015/07 (1)     
  •         
  •     2015/04 (1)     
  •         
  •     2015/03 (1)     
  •         
  •     2015/02 (1)     
  •         
  •     2015/01 (1)     
  •         
  •     2014/12 (2)     
  •         
  •     2014/11 (3)     
  •         
  •     2014/10 (2)     
  •         
  •     2014/09 (4)     
  •         
  •     2014/08 (1)     
  •         
  •     2014/05 (2)     
  •         
  •     2014/04 (5)     
  •         
  •     2014/03 (11)     
  •         
  •     2014/02 (11)     
  •         
  •     2014/01 (10)     
  •         
  •     2013/12 (15)     
  •         
  •     2013/05 (5)     
  •         
  •     2013/04 (14)     
  •         
  •     2013/03 (18)     
  •         
  •     2013/02 (19)     
  •         
  •     2013/01 (11)     
  •         
  •     2012/12 (2)     
  •         
  •     2012/10 (1)     
  •         
  •     2012/05 (1)     
  •         
  •     2012/04 (3)     
  •         
  •     2012/03 (19)     
  •         
  •     2012/02 (21)     
  •         
  •     2012/01 (22)     
  •         
  •     2011/12 (6)     
  •         
  •     2011/11 (11)     
  •         
  •     2011/10 (16)     
  •         
  •     2011/09 (17)     
  •         
  •     2011/08 (24)     
  •         
  •     2011/07 (17)     
  •         
  •     2011/06 (25)     
  •         
  •     2011/05 (23)     
  •         
  •     2011/04 (25)     
  •         
  •     2011/03 (25)     
  •         
  •     2011/02 (28)     
  •         
  •     2011/01 (24)     
  •         


 f

ピックアップ * 過去作品

旧ブログ作品


Pianografo 

 Eyegasm 

Twitter

検索フォーム


   *たとえば・・・

   「光」と検索すれば「光」に関係した作品が
   「楽しい」と検索すれば「楽しい」に関係した
   作品が表示されます。
     

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2011.09.06/ 00:29(Tue)

  



   by Javier Recio Gracia




   ストーリー

   老婦人は亡くなった最愛の夫と再び会えるその日
   死の到着を待ち
   農場で一人寂しく生きています。

   そして、ある夜
   とうとう死の国から迎えが来るのですが・・・。




   




   海外の短編アニメは
   こういう重いテーマをコミカルに嫌味無く描くのが
   本当に上手いです。




   ここで取り上げているのは
   あくまでもご高齢の方の場合に限る事なんですが・・・

   人はいつかはこの死という瞬間を迎えるわけですので
   出来れば、自分が望む時にお迎えに来てもらうのが一番いいですね。
   でも、この寿命だけは残念ながら自分で操作する事は出来ません。

   そこへ、こういう医療(特に延命治療など)のようなものが関わってくると
   ますます死がややこしくなります。

   生きているとは何をもって定義するかは、その人その人によって違います。

   でも、医療の現場がそこまで考えていてはいられません。
   そこで、ただひたすら命をつなごうと出来る限りの事をして下さいます。
   それが時には、最後は辛い思いをせずに安らかに死を迎えたいと願う
   お年寄りの思いと反した事になってしまう事があります。
    (延命処置には「気管内挿管」など本人に辛いものがありますので・・・)

   こうした医療の進歩と延命治療は
   全ての人々から歓迎されているわけではないですね。
   たぶんこの作品は、そう伝えたいのだと思います。



   このおばあさんは、おじいさんに会うことができたのでしょうか。
   出来れば、最後に二人が寄り添うシーンが観たかったです。



 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(6)
Category: short animation
 
Comment
 

φ(.. )

テーマとしては難しい話なのに
笑いながら楽しく見てしまったり
死神を応援したくなってきてしまったり( ´艸`)
いつも素敵な作品を紹介してくださり
ありがとうございます♪

ホントに・・・
何をもって「生きている」というのか
何をもって「幸せ」というのか
それは人それぞれだったり
本人にさえ分からないこともあるかなぁ。
「安らかに死を迎えたい」
と思う本人がいたとして、けれど
「生きて欲しい」
と願う家族がいて
(今回登場のおばあちゃんはひとりだったけれど)
命を救う、命をつなぐ立場の医療や
・・・世の中?人としての常識みたいなもの?があって・・・
何が一番いいか、なんて分からないのもあるし
「だったら本人の気持ちを尊重して・・・」
と書きかけて
でも、それもまた
本当にいいかどうかなんて分からないや、と(´・ω・`)

やっぱりこれって難しいテーマで
人はこの先もずっとずっと考えていくことになるのかなぁ、なんて
そんな風に思いました。
わたしはどんな最期を迎えたいかなぁ。。。
ちょっと考えてみようかな(´,,・ω・,,`)

NAME:まーる | 2011.09.06(火) 05:37 | URL | [Edit]

 

”忘れる”という特典があるからこそ人間は最後の臨終のその瞬間まで寿命を全うした生き方が出来る生き者かと思っておりましたが、再生医療が発達している昨今、あの世の際ではきっとこんな事になっているのではないかと私はつい最近102才で他界した祖母を見送った時思っておりました。
まさかこんな事考える人私以外にいるんですね~。

生命科学、医学の世界では疾病者が少しでも人間らしく人生を生きたいと願う要望に応えるべく研究、開発をなされているのですが、反面人間の魂はデリケートに出来ているから、器の寿命が伸びる事が単純に肯定出来る事かと安直に考えるのはどうかと、考えてしまったり、ジレンマを感じる時があります。

最後はお祖母さんの意志が尊重されている良質な結末・・・。

ではでは

NAME:YOKO | 2011.09.06(火) 12:39 | URL | [Edit]

 

Re: まーるさん * こんばんは *

そうですよね。。。
このおばあちゃんはお一人でしたが
家族の気持ちはというと、可能性がある限り
いろいろ手を尽くして欲しいというのが普通ですよね。

延命治療は家族の為にあるんだと言われる方もおられます。
でも、どうでしょう・・・。
その時はそれが最善の方法だと思って納得していても
後々、「本当にあれで良かったのだろうか・・・。」
「本人は辛くなかっただろうか・・。」
などと、不安に襲われるのではないでしょうか。
私の場合はそうでした。

なんだかんだ言っても、どんな治療方針を選んでも
結局、家族は大切な家族の死に対して、全く後悔しないわけ
にはいかないようです。

難しいですね。。。
やっぱり、本人の意思を一番尊重してあげたいですよね。。。

私は元気なうちに、どういう最期を迎えたいか
書き残しておこうかなあ。。。

NAME:空夢 | 2011.09.06(火) 22:09 | URL | [Edit]

 

Re: YOKOさん * こんばんは *

お祖母様はとても長寿でいらしたのですね。
明治の時代をご存知だったなんて凄いですよね。
きっといろんな楽しいお話が聞けた事と思います。

あの世の際をこのように想像されていたなんて
YOKOさん、明るいですね~。(笑)
私もこれから死に対してもっと明るい気持ちで
考えたくなりました。^^

医学や科学の進歩にともない、ますます宗教心が大切になって
来ますね。
魂は体に宿っていますが、近頃その存在を潜在意識という形で
感じたりします。
父の死によって目覚めた意識かも知れません。

>反面人間の魂はデリケートに出来ているから、器の寿命が伸びる事が
 単純に肯定出来る事かと安直に考えるのはどうかと - - -

- - そうですよね。魂が自然に帰るべきところへ回帰する事が
  人本来の幸せかも知れませんよね。

最後はちょっと強引だったけど、おばあさんの思いは
叶ったようですね。^^;

NAME:空夢 | 2011.09.07(水) 02:43 | URL | [Edit]

 

たいかに軽い

こんばんは。

生死をここまで、コミカルに描くとは。にやにやしながら見てました。
特に生と死がスイッチみたいに入れ替わるところとか、ちょっとトムジェリちっくかなとも。

NAME:けろちゃん | 2011.09.07(水) 21:31 | URL | [Edit]

 

Re: けろちゃんさん * こんばんは *

最初はなんだか寂びしそうな雰囲気で始まりましたのに
意外な展開でしたよね。
前回のHambusterもそうでしたが
内容が重くても描き方次第で笑えてしまうものに
なっちゃうところがアニメの面白いところですね。

トム&ジェリーも結構トムがこっぴどくやられているのに
かわいそう!・・なんて言いながら笑ってしまいますね。

今の短編アニメのこういうバトル的な作品は
トム&ジェリーの影響がとてもあるんでしょうね。
しっかり伝統を受け継いでるって感じです。

ところで、これってドクターが観ても笑っちゃうんでしょうかね。^^;

NAME:空夢 | 2011.09.08(木) 02:41 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 動画ブログ Altro lato, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。