海外の魅力あるショートアニメーションを中心に、気になるアート動画を紹介しているアラフィフ♀ブログです
twitter  facebook   admin  

プロフィール

Author:空夢
  


   詳細

  

ランキング&おきてがみ

   ランキング参加中です。
  クリックいただけると嬉しいですミ☆


    にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ
    

    
  

   足跡残せますミ☆

       

月別アーカイブ

   

    
            
  •     2017/04 (1)     
  •         
  •     2017/03 (2)     
  •         
  •     2016/02 (1)     
  •         
  •     2016/01 (1)     
  •         
  •     2015/08 (1)     
  •         
  •     2015/07 (1)     
  •         
  •     2015/04 (1)     
  •         
  •     2015/03 (1)     
  •         
  •     2015/02 (1)     
  •         
  •     2015/01 (1)     
  •         
  •     2014/12 (2)     
  •         
  •     2014/11 (3)     
  •         
  •     2014/10 (2)     
  •         
  •     2014/09 (4)     
  •         
  •     2014/08 (1)     
  •         
  •     2014/05 (2)     
  •         
  •     2014/04 (5)     
  •         
  •     2014/03 (11)     
  •         
  •     2014/02 (11)     
  •         
  •     2014/01 (10)     
  •         
  •     2013/12 (15)     
  •         
  •     2013/05 (5)     
  •         
  •     2013/04 (14)     
  •         
  •     2013/03 (18)     
  •         
  •     2013/02 (19)     
  •         
  •     2013/01 (11)     
  •         
  •     2012/12 (2)     
  •         
  •     2012/10 (1)     
  •         
  •     2012/05 (1)     
  •         
  •     2012/04 (3)     
  •         
  •     2012/03 (19)     
  •         
  •     2012/02 (21)     
  •         
  •     2012/01 (22)     
  •         
  •     2011/12 (6)     
  •         
  •     2011/11 (11)     
  •         
  •     2011/10 (16)     
  •         
  •     2011/09 (17)     
  •         
  •     2011/08 (24)     
  •         
  •     2011/07 (17)     
  •         
  •     2011/06 (25)     
  •         
  •     2011/05 (23)     
  •         
  •     2011/04 (25)     
  •         
  •     2011/03 (25)     
  •         
  •     2011/02 (28)     
  •         
  •     2011/01 (24)     
  •         


 f

ピックアップ * 過去作品

旧ブログ作品


Pianografo 

 Eyegasm 

Twitter

検索フォーム


   *たとえば・・・

   「光」と検索すれば「光」に関係した作品が
   「楽しい」と検索すれば「楽しい」に関係した
   作品が表示されます。
     

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2013.02.27/ 10:56(Wed)



   
     Director: Ben Hibon



このアニメーションは「ハリーポッターと死の秘宝 part1」の中で、友人ルーナ・ラブグッド
の父親ゼノフィリウスの家をハリー達が訪問した際、ハーマイオニーがアルバス・ダンブルドアが
遺した『吟遊詩人ビードルの物語』(原書)の中の一編「三人兄弟の物語」を朗読し、そこでイ
メージ映像として組み込まれたものです。

劇中にわずか3分ほど流れていたもので、すっかりこの存在を忘れていたのですが、改めて見ると
とてもいいんです。
不穏な空気を漂わせ、いかにもハリー達の元凶となったお話というダークサイド的な雰囲気を醸し
出しながら、繊細優美な美しさをも兼ね備える、とても素晴らしいアニメーションだと思います。

物語的にも好きです。





(こちらがゼノフィリウスの家をハリー達が訪問した場面・この動画ではハーマイオニーが
 物語を読むところ・アニメーションの部分はカットされいます)







三人兄弟の物語


  ストーリー

昔々 あるところに、旅をしている三人の兄弟がいた。

やがて兄弟は、とても深く、泳いで渡るには危険すぎる川にたどり着いた。しかしこの兄弟は
魔法に長けていたので、杖の一振りで川の上に橋を架けることができた。その橋を渡ろうとし
たところ、途中でマントに身を包んだ人影が道を遮っているのに気づいた。

人影「死」が彼らに話しかけてきた。「死」は怒っていた。普通の旅人は川で溺れ死ぬのに、彼
ら兄弟は魔法で自分を欺いたからだ。しかし「死」はずる賢かった。「死」は兄弟の魔法を讃え
るふりをし、自分から見事逃れたら褒美を与えよう、と言った。

長男は好戦的だったので、この世にあるどんな杖よりも強い杖を望んだ。「死」は彼に、川岸の
ニワトコの木から作った杖を与えた。

次男は傲慢で、「死」にもっと屈辱を与えたいと思った。そこで彼は、死から他人を呼び戻す力
を望んだ。「死」は川辺の石を拾って彼に与え、この石には死者を蘇らせる力がある、と言った。

三男は謙虚で三人の中で一番賢かったので、「死」を信用していなかった。そこで彼は、「死」が
自分たちの後を追えないようにするものを望んだ。「死」は自分の持ち物の中からしぶしぶ透明
マントを彼に与えた。

「死」は兄弟が旅を続けられるよう道を譲った。兄弟は自分たちが体験した不思議な冒険につい
て語りながら、「死」からの贈り物に感嘆していた。やがて兄弟は、それぞれの目的地に行くた
め、別々の道を進んだ。

長男は1週間ほど旅を続け、ある村にたどり着いた。そこでかつて争った魔法使いを探し出し、決
闘をした。ニワトコの杖を持っていた長男が負けるはずもなく、彼は相手の死体を床に残したまま、
宿へ向かった。そこで彼は自分がいかにしてこの強力な杖を「死」から手に入れたか語った。
その夜、彼が眠っているところに別の魔法使いが忍び寄り、長男の喉をかき切り、ニワトコの杖を
盗んだ。こうして「死」は長男を自分のものにした。

次男は自宅に戻った。そこで石を掌の中で3回転がすと、彼がかつて結婚したいと望んだ女性が、
目の前に現れた。しかし彼女は冷たく悲しそうで、次男との間にはベールがあるかのようだった。
彼女はこの世界に戻ってきたものの、そこは今や彼女の住むべき場所ではなかったので、彼女は毎日
苦しんだ。そして次男は狂おしいほどの切望によって正気を失い、彼女と本当の意味で一緒になる
ために、自殺した。こうして「死」は次男を自分のものにした。

しかし「死」は、透明マントを使った三男だけは見つけることができなかった。三男が透明マントか
ら姿を現し、マントを息子に与えたのは、彼が高齢になってからだった。そして三男は「死」を古く
からの友人として迎え、喜んで「死」とともに人生から旅立っていった。

                              Wikipediaより引用  
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: short animation
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 動画ブログ Altro lato, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。